協議離婚について

夫婦の合意によって成り立つ、最も簡単な離婚方法です。

裁判は時間もお金もかかります。訴訟などで関係が悪化する前に、話し合いによる離婚を選択した方が賢明と言えるケースがほとんどです。夫婦の合意があって初めて離婚というものは成立しますので、相手との交渉がとても重要になってきます。

また、離婚後の生活をきちんと思い描いた上で、離婚するかを考えましょう。後々、生活環境や金銭面でのトラブルが非常に多いです。

協議内容を決める。

例えば協議内容は、、、

  • ①親権者について
  • ②監護について
  • ③養育費について
  • ④面接交渉について
  • ⑤財産分与について
  • ⑥慰謝料について  など

ポイントは公正証書などの書面で、きっちりとした協議内容を記載しておくことです。

離婚後に、再度話し合いをするのはトラブルの元です。離婚する前にこれらの協議内容をしっかりと決めておくのが、後々のトラブル・精神的負担もかからずに済みます。

手続きについて

協議離婚の手続きは、夫婦間による署名した書面を届け出ることで成立します。ありがちなトラブルとして、離婚届をどちらかが所有し、気が変わって離婚届を提出できなくなったというケースです。ですから、離婚届は夫婦間で1通ずつ所有しておくと良いでしょう。

HAL探偵社の詳細へ

ページトップへ