裁判離婚について

協議による離婚に合意できない場合

調停・審判でも離婚に合意できない場合は、最終的に離婚訴訟を起こすことになります。調停とは異なり、強制的に離婚というケースもありうる、白黒はっきりさせるものとなります。しかし裁判での離婚となると、調停と比べて手続きも複雑ですし、時間とお金がもっとかかります。そして判決に納得のいかない場合は高等裁判所→最高裁判所へと争う形となります。

裁判離婚が利用されるケース

離婚訴訟を起こすには、離婚原因がなければできません。事由としては、、、

  • ①不貞行為
  • ②悪意で遺棄
  • ③3年以上の生死の不明
  • ④回復の見込みのない強度の精神病
  • ⑤その他、婚姻を継続しがたい重大な事由

しかし、これらの理由をもってしても、離婚の判断をするのは裁判所です。

先ほども述べましたが、裁判には時間とお金がかかり、精神的にも大変なことです。ですから、離婚の中で裁判離婚の割合はわずか1%です。どうしても納得がいかないのなら仕方がありませんが、話し合いによる離婚の方が賢明でしょう。

HAL探偵社の詳細へ

ページトップへ