審判離婚について

裁判所が離婚したほうが夫婦ためになると判断した場合

調停での離婚が成立せず、家庭裁判所が離婚したほうが夫婦の利益になると判断した場合には、調停に代わる審判が下されます。

※審判に納得できない場合は、2週間以内に異議を申し立てれば効果はなくなります。2週間を過ぎると審判は確定し審判離婚が成立となります。

実際には、滅多にない裁判

時間をかけて申し立てられた調停を不成立としてしまうと、調停離婚の意味がありません。 裁判所の権威と意味をつけるためにも、職権で離婚を認める審判をすることができるとされています。しかし、結局は2週間以内に異議を申し立てれば効果はなくなりますので、調停が不成立となった場合、裁判離婚となるケースの方が多いです。

HAL探偵社の詳細へ

ページトップへ