婚姻費用について

夫婦と子どもが生活をする上で必要な経費

必要な経費とは、衣類、食事、住居の費用の他に、教育費、病院にかかった治療費、交際費などがこれにあたります。夫婦とは、生きる上で協力し合う義務がありますので、生活レベルを合わせなければなりません。つまり、仲が悪く別居していても、その生活レベルは婚姻関係がある以上、同等でなければなりません。

婚姻費用を求めるには?

基本は、夫婦間で話し合う形になります。それでも折り合いがつかない場合は家庭裁判所に申請をして、裁判所の判断で具体的な金額等を決めていきます。

婚姻費用の時期や金額

この費用は離婚が成立した段階で、請求ができなくなります。夫婦の関係が悪くなった段階で(例えば別居することになった段階で)すみやかに請求することが重要です。夫婦である以上、請求する権利があります。関係が悪化しようが、生活レベルは同等である権利があるのです。

金額に関しては、話し合いにで決めるのですが、折り合いがつかない場合は、家庭裁判所で金額の目安というものを定めていますので、それを基準に決定するのが良いでしょう。

HAL探偵社の詳細へ

ページトップへ