養育費について

養育費は子供のために支払われるもの

養育費とは子どもを教育する上で必要な費用(衣食住費、教育費、医療費など)です。夫婦間の問題というより、子どもが親に対して請求できる権利と言えます。また、子どもが成人するまでの期間の支払いが必要です。

離婚の際に、未成年の子どもがいる場合、親権者を決めます。しかし、離婚しても親権者とならない親も子どもに対する扶養義務が課せられます。

養育費の支払い方法

養育費は、子どもが成人するまで払わなくてはならず、長い期間支払いをすることになります。しかし、その額を一括して請求することはできません。毎月決められた日に支払いすることになります。

養育費の変更

子どもが成人するまでの期間ですから、状況も変化することが多いかと思います。例えば、会社をクビになって経済的に厳しい、あるいはその逆で、最初に決めた扶助義務が十分出ないのに、収入が大幅に増えた。あるいは再婚して、扶養する子どもが増えたなどです。具体的には、元夫婦間で新たに相当と考えられる金額を決めることになります。

養育費を払ってもらえない

養育費の支払い義務があるにも関わらず、支払ってもらえない問題が多くあります。しかし、強制的に取り立てることができないのが現実です。払えないと言われたらそれまで。。。こんな場合を避けるために、裁判所に義務が認められている・公正証書を作成していることが必要となってきます。これらがあれば、強制執行をして財産を差し押さえることが認められます。

HAL探偵社の詳細へ

ページトップへ