財産分与について

財産分与とは、それまで築き上げた共有財産を離婚時に清算、分配する事

離婚の際には、財産分与としての対象をチェックしておく必要があります。後からもらい損ねたでは済みませんのでしっかり確認しておくことが大切です。対象となる財産は、『夫婦の協力によって得た財産』になります。具体的には、、、

  • ・不動産
  • ・預貯金
  • ・現金
  • ・退職金
  • ・株式  など

以下は、夫婦の協力によって得られた財産ではないので、対象にはなりません。

  • ・婚姻前から所有していた財産
  • ・婚姻中に相続で得た財産
  • ・婚姻中に他から受けた贈与 など

財産分与の時期と割合

離婚と同時に決めることがほとんどです。けれども、離婚時に財産分与の取り決めをしないで離婚したというケースもあります。その場合、財産分与は離婚時から2年以内であれば、請求することができます。

割合は原則2分の1となります。しかし、様々な事情を考慮して、ここから修正していくケースが多いです。

HAL探偵社の詳細へ

ページトップへ